【坐骨神経痛】

【坐骨神経痛の治療】

腰痛治療
当オフィスでは、開院以来のべ1万人を超える患者さんの
治療を行ってきました。

その中で坐骨神経痛で悩む患者さんも多くいらっしゃいました。

坐骨神経痛でお悩みのあなたにぜひ読んでいただきたいと思い、
原因や治療法などを書きましたのでじっくりお読みください。

【あたなはこんな症状で悩んでいませんか?】

・腰を曲げ伸ばしすると痛い
・じっとしてると痛みやしびれが出る
・体重をかけると痛い
・正座した後のように足がしびれる
・足に力が入らない
・足が張ったりむくんだようになる
・横になるのも痛い
・病院へ行っても治らない
・レントゲンを撮っても異常なしと言われた
・マッサージを受けてもすぐに戻る
・椎間板ヘルニアと言われた
・骨がゆがんでいる、ズレていると言われた
・注射や薬でも治らない
・手術は受けたくない

整形外科、整体、マッサージ、鍼灸、接骨院など色々あるけど
自分はどこに行けばいいの?

そうした事で困っている患者さんたちが当オフィスに来院されています。

【あなたにはこんな思いはしてほしくないです】

整形外科、整体、マッサージ、接骨院など様々な治療がありますが、
当オフィスに来院される患者さんの中には、

筋肉が凝ってるからと痛いところをマッサージされたり、
骨が歪んでいるからとボキッと捻られて余計に悪化した、

という声を聞くことがあります。

筋肉が凝るのも、骨が歪むのも、痛みが出るのも、
何かの原因があって結果的にそうなっています。

コリや歪みは結果であり、本質的な原因ではありません。

もう、コリやゆがみが原因という言葉に誤魔化されないでください。

【多くの人がしている勘違い】

これまでの経験から、
多くの方が勘違いをしていることがあります。

坐骨神経痛とは臀部から大腿後面にかけて鋭い痛みやしびれが出る
「症状」のことで「病名」ではありません。

一般的に坐骨神経痛は、神経が腰椎の隙間から出て骨盤をくぐり抜け、
お尻の筋肉から顔を出す間のどこかで、
圧迫や絞扼などの障害を受けた為に発症すると言われています。

その原因と言われているのが、

・椎間板ヘルニア
・脊柱管狭窄症
・梨状筋症候群

などが代表的なものです。

しかし、
同じ姿勢でも痛みが変化したり、
時間帯や動作によっても痛みが変化したりもします。

本当に圧迫や絞扼が原因なのでしょうか?

下の表を見てください。

椎間板ヘルニアと痛み (Bigos SJ.et al:Clin Orthop,1992)  作成TMS-Japan 長谷川 淳史)

1992年にアメリカで行われた研究です。

203人の健康な人と207人の急性腰痛の人、
200人の慢性腰痛(6ヶ月以上の腰痛)の人の
腰椎の変形や変性を医師2人がレントゲン検査で調べた結果です。

その数字に大きな差がないことがわかります。

健康な人でも痛みのある人でも、骨の変形や変性の状態は同じであり、
痛みのない人にも同じ割合で骨の変形が見られたということです。

つまり、骨が変形しているから痛みがある
というわけではないということです。

「変形(ズレ・歪み)=痛みの原因ではない」

腰痛の原因は必ずしもレントゲン写真で検出されるわけではなく、
骨や椎間板などの構造的な問題の異常と痛みの症状は
イコールではないということです。

【時代遅れの説明や治療受けていませんか?】

「腰痛の8割に心理的ストレスが影響」

2012年12月末、日本整形外科学会と日本腰痛学会は
腰痛の発症や慢性化の原因の8割に心理的・社会的なストレスが影響しており、
レントゲンやMIRなどの画像検査などでも
原因が特定できないものが多くを占めると発表しました。

そのことが新聞各種、テレビ、インターネットなどの
各メディアでも取り上げられました。

・加齢で骨、関節が変形しているから痛くなる・・・
・神経が圧迫されているから・・・
・骨がズレている、ゆがんでいるから・・・
・ヘルニアがあるから・・・

あなたもこのような時代遅れの説明や治療受けていませんか?

【本当の原因は!?】

今まで、腰痛やぎっくり腰の原因と考えられていた、
椎間板ヘルニア、椎間板の変性、骨盤の歪み、腰椎分離症、
腰椎すべり症などの構造的な異常は
実は腰痛やぎっくり腰の原因でない可能性があるということです。

そればかりか、診療ガイドラインの策定委員会のメンバーである
福島県立医大の矢吹省司教授(整形外科)の話では、

●現状では約8割で画像検査をするが、痛むからといって、
画像で原因が分かることは実は多くない。

●単に加齢で起きている骨や神経の変化を画像で患者に示して
「だから状態が悪いんだ」と思い込ませるのは逆効果だ。

●慢性腰痛では、深刻に考えすぎて安静にするよりも、
体を動かしたほうが症状が軽くなる可能性が高い。

という事を言われています。

最新の研究でぎっくり腰を含む腰痛の症状の多くは、
骨や軟骨の変形ではなく、

「心理的・社会的ストレスが起こす筋肉と神経の関係性」

によって引き起こされることがわかってきました。

今まで、腰痛や坐骨神経痛の原因と考えられていた、
椎間板ヘルニア、椎間板の変性、骨盤の歪み、腰椎分離症、
腰椎すべり症,脊柱管狭窄症などの構造的な異常は、

実は腰痛や坐骨神経痛の原因ではない可能性があるということです。

私たちの体は肉体的・心理的・社会的ストレスを強いられると、
脳がストレスを感じて交感神経の働きが活発化します。

ストレスにより交感神経が優位になると筋肉の緊張が高くなり、
さらに不自然な姿勢により筋肉が刺激を受けると、その刺激により産生された
発痛物質を脳が認識することで痛みの感覚を感じます。

筋肉の緊張が起こると血流の低下も起きて、
周辺組織が一時的な酸欠状態になり、
重い、ダルい、しびれるなどのあの不快な症状を感じるようになります。

つまり脳と神経の働きにより、
筋肉の緊張が過剰な状態がなると症状を起こします。

それが坐骨神経の部位で起こるので、
「坐骨神経痛」と診断されることが多いようです。

さらに

その状態が続くと、脳がその状態を記憶し症状が慢性化したり、
学習記憶により症状を起こすパターンが出来上がり
条件反射のように繰り返し症状が出てきます。

【当オフィスではこんな治療をします】

ここでは、その脳と神経の働きを調整するための治療法をご紹介します。

私たちの身体を支える「骨」は「筋肉」で支えられ、
その筋肉は「神経」の働きによってコントロールされています。

まずは、その神経の誤作動を正常に働かせるために、
「アクティベータ・メソッド」という治療で
神経と筋肉のバランスを調整していきます。

赤ちゃんや妊婦さんでも受けられるほど刺激の弱い施術法なので、
痛みで動けない方にも負担が少なく効果的な施術を行うことができます。

そして、長期的な症状や、うつ状態、仕事上の不満、
人間関係の悩みストレスなど、心因性の問題が原因している場合は

「心身条件反射療法(ニューロパターンセラピー)」で、
原因しているストレスを見つけだし、ストレスにより
乱れた脳と自律神経の働きを正常に切り替え症状の改善を行います。

症状や治療に関して、気になる事や不安なことなどありましたら、
お気軽にご質問ください。

このページを見つけた事がきっかけで症状から解放され、
健康で楽しい毎日が送れるようになってもらえるよう
あなたのお手伝いができればと思います。

【症状が改善された患者さんの声】

「椎間板ヘルニアによる腰痛と足の痛み・痺れ」 男性(48歳) 会社員

現在、仕事の関係で中国に赴任中、半年前から腰痛に苦しみ、
中国にて鍼、リハビリ等の治療をしたが腰痛は完治、軽減せず一時帰国。

整形外科にてリハビリ・ブロック注射等の治療をしたが左膝~足首の痛み、
痺れがなくならず、会社の同僚の紹介にて受診。

初めは専用の道具で身体に振動を与える治療で治るか不安でしたが、
週1回から2回程度、肉体・精神面という総合的治療・予防をしていただき、
痛みも痺れも軽減され、日常生活に支障がない状態まで回復し、感謝しています。

当初は短期間にて回復するため、どのような治療があるのか迷っていた私ですが、
今回の施術、治療を知り今後も自分の身体のメンテナンスの必要性を感じました。

今後も中国帰国時には受診したいと思いますので宜しくお願い致します。

このページの先頭へ