四十肩・五十肩

【四十肩・五十肩の治療】

当オフィスでは、開院以来のべ1万人を超える患者さんの
治療を行ってきました。

その中で四十肩・五十肩で悩む患者さんも多くいらっしゃいました。

四十肩・五十肩の痛みでお悩みのあなたにぜひ読んでいただきたいと思い、
原因や治療法などを書きましたのでじっくりお読みください。

【肩が痛くてどうしよう・・・】

・動かすと痛い
・じっとしてても腕の重みで痛い
・頭も痛いし吐き気もする
・首む周らない
・横になるのも痛い
・病院へ行っても治らない
・レントゲンを撮っても異常なしと言われた
・マッサージを受けてもすぐに戻る
・ストレートネックと言われた
・骨がゆがんでいる、ズレていると言われた
・注射や薬でも治らない

整形外科、整体、マッサージ、鍼灸、接骨院など色々あるけど
自分はどこに行けばいいの?

そうした事で困っている患者さんたちが当オフィスに来院されています。

【あなたにはこんな思いはしてほしくないです】

整形外科、整体、マッサージ、接骨院など様々な治療がありますが、
当オフィスに来院される患者さんの中には、

筋肉が凝ってるからと痛いところをマッサージされたり、
骨が歪んでいるからとボキッと捻られて余計に悪化した、

という声を聞くことがあります。

筋肉が凝るのも、骨が歪むのも、痛みが出るのも、
何かの原因があって結果的にそうなっています。

コリや歪みは結果であり、本質的な原因ではありません。

もう、コリやゆがみが原因という言葉に誤魔化されないでください。

【原因】

以前は腱板損傷や石灰沈着性腱板炎も同様の診断名がつけられましたが、

現在では、

・肩に疼痛(痛み)と運動障害がある
・患者の年齢が40歳以降である
・明らかな原因がない

という3条件を満たすものを「四十肩・五十肩」と呼びます。

あきらかな原因がないと書いてありますが、
痛みの直接的な原因は筋肉の過剰な緊張による可動域の減少と、
緊張に伴い痛み物質が過剰に発生したことによるものです。

つまり、首や肩周辺の筋肉の過剰な緊張が原因です。

私たちの体は肉体的・心理的・社会的ストレスを強いられると、
脳がストレスを感じて交感神経の働きが活発化します。

ストレスにより交感神経が優位になると筋肉の緊張が高くなり、
さらに不自然な姿勢により筋肉が刺激を受けると、その刺激により産生された
発痛物質を脳が認識することで痛みの感覚を感じます。

筋肉の緊張が起こると血流の低下も起きて、
周辺組織が一時的な酸欠状態になり、
重い、ダルい、しびれるなどのあの不快な症状を感じるようになります。

つまり脳と神経の働きにより、
筋肉の緊張が過剰な状態がなると症状を起こします。

さらに

その状態が続くと、脳がその状態を記憶し症状が慢性化したり、
学習記憶により症状を起こすパターンが出来上がり
条件反射のように繰り返し症状が出てきます。

【当オフィスではこんな治療をします】

ここでは、その脳と神経の働きを調整するための治療法をご紹介します。

私たちの身体を支える「骨」は「筋肉」で支えられ、
その筋肉は「神経」の働きによってコントロールされています。

まずは、その神経の誤作動を正常に働かせるために、
「アクティベータ・メソッド」という治療で
神経と筋肉のバランスを調整していきます。

赤ちゃんや妊婦さんでも受けられるほど刺激の弱い施術法なので、
痛みで動けない方にも負担が少なく効果的な施術を行うことができます。

そして、長期的な症状や、うつ状態、仕事上の不満、
人間関係の悩みストレスなど、心因性の問題が原因している場合は

「心身条件反射療法(ニューロパターンセラピー)」で、
原因しているストレスを見つけだし、ストレスにより
乱れた脳と自律神経の働きを正常に切り替え症状の改善を行います。

症状や治療に関して、気になる事や不安なことなどありましたら、
お気軽にご質問ください。

このページを見つけた事がきっかけで症状から解放され、
健康で楽しい毎日が送れるようになってもらえるよう
あなたのお手伝いができればと思います。

【症状が改善された患者さんの声】

「肩と腕の痛み」 女性(58歳) 主婦

私は肩と腕に電気を帯びたような激痛がありました。

痛み止めの薬も湿布薬も効果がなく、じっとしていても周期的に激痛が襲ってくるし、
仰向けの姿勢になると痛みのあまり落ち着いて眠ることができなくて、
日常生活にも支障をきたして辛い思いをしていました。

そんな折り、実際に当院を利用なさった方から治療法等のお話を伺い、
受診してみようと思いました。

治療法は、生体反応から検査して、治療用の器具でバチン(痛くないです)と
神経系にピンポイントで刺激を加えて痛みを和らげ軽減していく治療法ですが、
初めに人体図を描いて痛みのメカニズムと治療法について
詳しく丁寧な説明をしていただいたので、安心して治療を受けることができました。

なんと、その夜は痛みで目が覚めることなく、実に一週間ぶりに朝までぐっすりでした。

施術2~3回目以降から徐々に症状が好転、痛みは激減していきました。

痛みのない日常生活が戻り、心と体に元気を感じます。

思い切ってこの治療法を受けて良かったと思っています。

ありがとうございました。

このページの先頭へ