骨盤矯正

当オフィスでは、開院以来のべ1万人を超える患者さんの
治療を行ってきました。

その中で骨盤の問題で悩む患者さんも多くいらっしゃいました。

産後の骨盤矯正や日常的な骨盤の問題などでお悩みのあなたに
ぜひ読んでいただきたいと思い、
原因や治療法などを書きましたのでじっくりお読みください。

【骨盤のゆがみって何!?】

あなたは骨盤がなぜ歪むのか、 
本当の理由を知っていますか? 

・脚を組んで座る。
・バッグをいつも片側だけにかけている
・姿勢が悪い
・運動不足で筋力が低下している

なんて理由だと思っていたら気を付けてください。、
それは本当の理由に辿り着いていない可能性があります。

最近、テレビやインターネット、雑誌などでも骨盤矯正や
骨盤の歪みによる腰痛が取り上げられているのをよく目にしますよね。

そこでは骨盤が、ずれる、ゆがむ、ひらく、というような事が言われています。

と言っても、骨がひとりでに動くわけはありません。

しかし、実際は骨がずれるようなイメージを持っている方がとても多いのです。

なぜゆがむのか?

その本当の理由を知らないで、
間違った運動や矯正を続けると身体のあちこちに影響が出ることがあります。

そうならないために、
その仕組みや矯正法ついて正しい知識を身につけることが大切です。

【あなたにはこんな思いはしてほしくないです】

整形外科、整体、マッサージ、接骨院など様々な治療がありますが、
当オフィスに来院される患者さんの中には、

筋肉が凝ってるからと痛いところをマッサージされたり、
骨盤が歪んでいるからとボキッと捻られて余計に悪化した、

という声を聞くことがあります。

筋肉が凝るのも、骨盤が歪むのも、痛みが出るのも、
何かの原因があって結果的にそうなっています。

コリや歪みは結果であり、本質的な原因ではありません。

もう、コリやゆがみが原因という言葉に誤魔化されないでください。

【身体(骨盤)の仕組み】

私たちの身体(骨盤)は主に「骨」と「筋肉」で支えられています。

「骨」だけでは動くことも、体を支えることもできません。

「骨」は「筋肉」で支えられ、
その「筋肉」は脳からの信号を伝える「神経」によってコントロールされています。

そうした働きによって、私たちの体は動いています。

それらの役割をテントに例えて説明します。

これを身体に置き換えると。
施術について

「支柱」は「骨」

「ロープ」は「筋肉」

「調節」は「神経」

となります。

(1)テントをはるには、まず「支柱」(骨)を立てます。

(2)次に支柱を安定させるために「ロープ」(筋肉)で引っ張って支えます。

(3)支柱をまっすぐに支えるには、
ロープの張力をバランスよく「調節」(神経の働き)することが必要です。

骨は筋肉によって支えられて、
その筋肉は神経の働きによって調整されているということが分かります。

テントの支柱(骨)が何もないのにひとりでに曲がったり歪んだりすることはありますか?

あるとしたら、何か外から強い力が直接的に支柱(骨)に力が加わった時です。

外からの強い力、それは人間でいうと交通事故や転倒など、
骨が折れるほどの大きな力が外から直接骨に加わった時です。

骨盤が骨折するほどの大きな力を外から受けた場合、
骨盤は骨折により変形を起こしますが、それは骨盤矯正の範囲を超えたものです。

一般的に言う骨盤矯正とはそれ以外の力によって起こった変形を矯正するものです。

それ以外の力とはロープ(筋肉)の強弱のコントロールがうまくいかずに
引っ張り合う力のバランスが取れていないときです。

つまり多くの骨盤の歪みの原因は、
脳からの情報を伝える神経の信号が誤作動を起こし、
骨盤に付着している筋肉の緊張のバランスが乱れた結果として起こるものです。

これが骨盤が歪む多くの原因です。

【骨盤を矯正するには?】

テレビや雑誌などメディアの影響で、
「骨盤矯正」と聞くとズレている骨をボキッと外から力を加えて元に戻す。

というイメージをされる方が多いと思います。

しかし人間の体は機械ではないので、
ズレたパーツを外から元の位置に押し込んだからといって
変形した骨がその場で簡単に元に戻ることはありません。

骨盤のズレや歪みと言われている多くの原因は、
脳からの情報を伝える神経の信号が誤作動を起こし情報が正確に筋肉に伝わらず、
骨盤に付着している筋肉の緊張のバランスが乱れている時です。

それを解決するには、
誤作動を起こしている神経の働きを元に戻してあげる必要があります。

カイロプラクティックオフィスアイダでは、
正しく骨盤を矯正するために、筋肉のアンバランスな緊張に繋がっている、
神経系の誤作動を正常な働きに戻す施術を行っています。

当オフィスではアクティベータメソッドという方法で矯正を行います。

神経の誤作動を正常に働かせるために
アクティベータという神経の働きを調整する器具を用いて
誤作動を起こしている神経をピンポイントで刺激し、
神経と筋肉のバランスを調整していきます。

矯正といっても、ボキボキと体をひねったり、
物理的な力で矯正するわけではないので、その刺激はとても優しく、
赤ちゃんや、お年寄り、妊婦さんでも治療を受けることができます。

このページの先頭へ