顎関節症

【顎関節症の治療】

当オフィスでは、開院以来のべ1万人を超える患者さんの
治療を行ってきました。

その中で顎関節症で悩む患者さんも多くいらっしゃいました。

痛みや、口が開かないなど、
顎の症状でお悩みのあなたにぜひ読んでいただきたいと思い、
原因や治療法などを書きましたのでじっくりお読みください。

【口が開けにくい、痛い、音がする・・・】

・口を開けると痛い
・噛むときに痛い
・口が大きく開かない
・動かすと音がする
・あくびができない
・顎がゆがんでいる、ズレていると言われた
・頭まで痛い
・手術をすすめられたけど受けたくない
・噛み合わせが悪い

整形外科、整体、マッサージ、鍼灸、歯医者

接骨院など色々あるけど
自分はどこに行けばいいの?

そうした事で困っている患者さんたちが当オフィスに来院されています。

【あなたにはこんな思いはしてほしくないです】

整形外科、整体、マッサージ、接骨院など様々な治療がありますが、
当オフィスに来院される患者さんの中には、

筋肉が凝ってるからと痛いところをマッサージされたり、
顎が歪んでいるからとボキッと捻られて余計に悪化した、

という声を聞くことがあります。

筋肉が凝るのも、顎が歪むのも、痛みが出るのも、
何かの原因があって結果的にそうなっています。

コリや歪みは結果であり、本質的な原因ではありません。

もう、コリやゆがみが原因という言葉に誤魔化されないでください。

【原因】

顎の痛み、口が開かない、音がする、噛み合わせが悪いなどの
顎関節症の症状で来院される患者様の多くは、歯医者さんで相談されたり、
マウスピースの使用や外科的な手術を勧められたりしています。

病院など西洋医学的には顎関節や関節円板のズレに注目しますが、
それはあくまでも「結果」であり、「原因」ではありません。

したがって、「結果」に対するアプローチだけでは、
症状の本質的な改善につながらないことが多いようです。

「結果」である関節円板のズレや顎関節周辺の炎症を引き起こしている
顎関節周辺の筋肉系、神経系のバランス異常や、
その誤作動の学習記憶が原因に隠れています。

【当オフィスではこんな治療をします】

ここでは、筋肉系、神経系のバランス異常や、
誤作動の学習記憶に対する治療法を説明します。

私たちの身体を支える「骨」は「筋肉」で支えられ、
その筋肉は「神経」の働きによってコントロールされています。

まずは、その神経の誤作動を正常に働かせるために、
「アクティベータ・メソッド」という治療で
神経と筋肉のバランスを調整していきます。

赤ちゃんや妊婦さんでも受けられるほど刺激の弱い施術法なので、
痛みで動けない方にも負担が少なく効果的な施術を行うことができます。

そして、うつ状態、仕事上の不満、人間関係の悩みストレスなど、
心因性の問題が原因している場合や、
症状を長期的に繰り返したり同じ場面や動作で症状が出るなど、
誤作動の学習が関係している問題には、

「心身条件反射療法(ニューロパターンセラピー)」で、
原因しているストレスを見つけだし、ストレスにより
乱れた脳と自律神経の働きを正常に切り替え症状の改善を行います。

症状や治療に関して、気になる事や不安なことなどありましたら、
お気軽にご質問ください。

このページを見つけた事がきっかけで症状から解放され、
健康で楽しい毎日が送れるようになってもらえるよう
あなたのお手伝いができればと思います。

【症状が改善された患者さんの声】

「肩こり、顎(あご)の痛み」 女性(88歳) 主婦

あごと肩こりがつらかったので紹介してもらいお世話になりました。
パチパチとしてもらっただけで良くなりました。
初めは不思議でしたが今はたいへん楽になったので来て良かったです。
以前は指圧を受けていましたが、今はパチパチの方が良く効くし痛くないので、
こらからも毎月お世話になりたいと思っています。

このページの先頭へ